早く知りたい!ニーズにお応えするMIRACLEニュース

ネクタイの簡単な結び方

ネクタイの簡単な結び方
ネクタイは、社会人になったら必須のファッションアイテムといっても過言ではありません。フォーマルな場での挨拶・打合せでは、かかすことができませんし、自分という存在価値を、視覚的にワンランクアップさせる効果も狙えますので、ネクタイは、定番コーディネートに取り入れた方が良いでしょう。

ネクタイの重要性は、多くの方が理解しているかとは思いますが、ネクタイを結ぶのって、面倒ですよね。とくに、外出前など、短時間で身支度をしなければいけない時間では、ネクタイを締めるのにあまり時間をかけている余裕はありません。ここでは、最も簡単なネクタイの結び方をお伝えすることで、あなたのスーツの着こなしをグレードアップさせるお手伝いをいたします。人は、見た目で判断だれがちですので、しっかりとここでスタイリッシュなネクタイの結び方をマスターして、見た目で損しないようにしてくださいね。

スポンサードリンク



ネクタイの結び方の種類

ネクタイには、もともとイギリスで生まれたファッションアイテムです。ネクタイには様々な結び方がありますが、ビギナーは、全ての結ぶ方をマスターする必要はありません。まずは、一番簡単にできる結び方をしっかりとマスターし、慣れてきたら、ネクタイの素材や、ワイシャツの襟のデザインに合わせて、ネクタイの結び方を変化させるのがおすすめです。
代表的なネクタイの結び方は、下記の3種類となっております。

①プレーンノット
②セミウィンザーノット
③ウィンザーノット


①プレーンノットに関しては、最も多くのビジネスマンが取り入れている簡単なネクタイの結び方です。結び目が小さいため、ネクタイの生地を折る回数が少なく、短時間で締めることができるのが最大のメリットです。ただし、スタイリッシュに見せるためには、ネクタイを折る角度などに気を付ける必要があります。

②セミウィンザーノットとウィンザーノットは、ネクタイを折る回数が多いため、慣れていないと、とても時間がかかってしまいます。また、ネクタイの大剣と小剣を重ねる確度調整が難しく、締め方に失敗してしまうと、ネクタイの結び目が団子状態となってしまいます。このような状態になってしまっては、もはやネクタイを締める意味がありません。スーツのコーディネートが台無しになってしまいます。

スポンサードリンク



簡単なネクタイの結び方おすすめ動画

ネクタイの結び方を短時間で習得するには、スーツの着こなしをマスターしている、スーツ販売店のスタッフさんに教えてもらうのが一番早いです。彼らは、数多くのビジネスマンのスーツの着こなしをアドバイスしていますし、そのアドバイスの中で、ネクタイは、最も重要な要素の1つだからです。

できれば、仕立ての良いスーツやさんに訪問し、ショップスタッフさんに、説明してもらうのがベストなのでしょうが、その方法は、時間がかかってしまいますよね。そこで、ここでおすすめしたいのは、YouTube動画から、信頼できるスタイリストのネクタイの結び方動画を見て、そこで 勉強する方法です。

ここでは、仕立ての良いスーツ・センスの良いシャツの品揃えで定評がある「エンゼル」のスタイリストさんが説明するネクタイの結び方動画をおすすめいたします。この動画は、YouTubeにアップされていますので、ぜひ、ご覧になってください。ここでは、その動画で紹介されているネクタイの簡単な結び方のポイントを紹介したいと思います。

①ネクタイの結び目について
ネクタイを結ぶ際に、最初に大剣と小剣を合わせる位置は、胸付近にする。首元に近づけすぎると、バランスが悪くなってしまう。

②ネクタイの結び目を綺麗な逆三角形するポイント
ネクタイの結び目の下部を親指と人差し指で軽く押さえながら、結び目のカタチが逆三角形になるように整える。

このように、①と②に注意してネクタイを結ぶことで、誰でも簡単に、ネクタイを短時間で結ぶことができるようになります。

スポンサードリンク



就活でつかえる!ネクタイおしゃれな結び方

就活は、会社の人事や役員と対面する機会が非常に多くなります。就活では、第一印象が採用の合否を分けるので、とくに、身だしなみには注意する必要があります。
しかし、就活は、ついついネクタイの結び目が乱れがちです。といいますのも、1日に、何社も会社訪問していると、移動時に、ネクタイの結び目が緩んでしまうのです。ネクタイが緩みっぱなしの状態で、会社の面接を受けてしまうと、面接官に対して「だらしない」印象を与えてしいますよね・・・。

そこで、ここでは、ネクタイの結び目を崩れにくくするポイントをお伝えしたいと思います。
まず、ネクタイの結び目から出す大剣のセンター部分を人差し指で軽くプッシュしてくぼみをつけてください。そして、この時に、小剣も、同様にくびみをつけるようにしてください。。小剣は、人目にふれない部分なのだが、この一手間をくわえることで、崩れにくく、美しい(立体的な)結び目をつくることができるのです。

就活の面接に挑む際には、スーツのシワにも注意してくださいね。シワが多いスーツは、それだけでだらしなく見えてしまいます。逆にいうと、綺麗なスーツに、綺麗な結び目のネクタイというコーディネートで面接に挑めば、他の求職者よりも一歩リードすることができるといえるでしょう。

スポンサードリンク



結婚式でつかえる!ネクタイおしゃれな結び方

結婚式という華やかな舞台では、参加者もその舞台にふさわしいコーディネートで、その場を盛り上げる必要があります。男性であれば、スーツの着用は当然ですし、ネクタイも締めた、正装スタイルで、これから結婚を迎える二人を祝福することが望まれています。

また、結婚式は、新郎新婦の友人が数多く参加するものですから、その友人同士の「出会い」の場となっています。結婚式や2次回で知り合った男女が、お付き合いし、結婚まで発展することは、よくある話です。きっと、あなたの周りの友人も、このような出会いで結婚されている人が1組はいるのではないのでしょうか?

さて、結婚式にふさわしいネクタイの結び方ですが、おすすめはウィンザーノットです。少々、面倒な結び方ではありますが、ネクタイの結び目が、立体的に仕上がるので、あなたのコーディネートの印象を、晴れ舞台にふさわしい、紳士的なイメージにすることができます。

ウィンザーノットに挑戦するときに、注意していただきたいのは、ネクタイの長さと生地の品質です。ウィンザーノットは、結び目が大きくなるため、ネクタイが短いと、不格好になってしまいます。
また、ネクタイの生地の品質がわるいと、綺麗な結び目を作ることができません。ウィンザーノットにするのであれば、ネクタイは、少なくとも3000円以上のものを選択するようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク