早く知りたい!ニーズにお応えするMIRACLEニュース

南北線わかりやすい路線図

南北線の路線図
東京メトロ南北線は、東京エリアを南北に結ぶ地下鉄として、多くの都民に利用されています。赤羽岩淵駅から目黒駅までを結ぶこの路線は、他社路線との相互乗り入れが可能となっているのが大きな特徴です。

赤羽岩淵駅は、埼玉スタジアム線との乗り入れ可能ですし、目黒駅からは、東急目黒線への乗り入れが可能ですので、事実上、東京エリアのみならず埼玉から神奈川までを行き来することができる電車路線となっております。

南北線は、東京メトロ電車のなかでも比較的新しく設置された路線の1つです。そのため、長く東京に住んでいる人でも、正確に路線の駅名などを把握している人は少ないです。
ここでは、みなさんによりスムーズに都内を移動していただくために南北線の路線図・駅名などを分かりやすく解説していきます。

スポンサードリンク



東京メトロ南北線わかりやすい路線図

東京メトロ南北の路線図は、東京メトロ公式ホームページに掲載されている路線図がおすすめです。東京メトロ全線の路線図を俯瞰してみることができるのはもちろん、南北線のみをピックアップして、確認することができるので、乗り換えの利便性も考慮しながら、最適な地下鉄の移動プランを導き出すことができます。

南北線の路線図は、中間時点として、日本の中枢機能が集結している永田町駅を経由しています。永田町駅には、東京地方裁判所や最高裁判所をはじめとした司法機関や公安庁など、日本を支える組織があり、そこに勤める人々が集結しています。

その永田町駅は、赤坂見附駅と地下連絡通路を介して直結されているため、雨に濡れずにスムーズに移動することができます。

南北線の永田町駅は、このように国家レベルで非常に重要視されている駅の1つであり、そのため、東京メトロ各線との乗り換えが可能となっています。ですので、南北線の路線図で、移動ルートを確認する際は、この永田町駅を軸に、様々な移動プランを検討するのをおすすめします。

スポンサードリンク



目黒線との乗り入れ情報

東京メトロ南北線は、目黒駅で東急目黒線と相互乗り入れが可能となっています。また、1時間に2、3本の割合で、目黒線への直通運転される電車も走っているので、車両の乗り換えが面倒な人は、直通運転される電車時刻に合わせて利用するのがおすすめです。

目黒線沿線は、最近、ビジネスマンのベッドタウンとして注目を集めるようになりました。特に人気が高いのは、武蔵小杉駅でしょう。武蔵小杉駅には、平均的なビジネスマンの年収でも手が届くタワーマンションが駅前に数多く建築されています。

これらのタワーマンションからの眺望はとても人気が高く、自宅に友人を招いての食事会・ホームパーティーを開催してもとても喜ばれるようです。

また、前述したとおり、目黒線と南北線は直通運転されているので、都内への通勤や通学時間は1時間かからないようです。都内に勤めているビジネスマンの方でしたら、ぜひ、目黒線沿線のタワーマンション購入を考えてみてくださいね。

スポンサードリンク



東京メトロ南北線おすすめ食べ歩き情報

東京メトロ南北線の沿線には、麻布十番駅・白金高輪駅・白金台駅があります。南北線を利用すれば、これらの高級住宅街が立ち並ぶエリアに気軽にアクセスすることができます。

これらのエリアのなかで、最もおすすめしたいのは、白金台駅です。お洒落な建物が多く、カフェや飲食店は、リゾートエリアのようなオープンテラスを導入しているケースが多いので、歩いているだけでとても楽しくなってくるエリアです。

この白金台駅でおすすめしたいのは、名物白金プリンです。濃厚なカラメルソースがかかったプリンは、弾力があり、少量でも、食べごたえがあります。コーヒーとの愛称は抜群ですので、ぜひ、白金台を訪れたときにには試してみてくださいね。

スポンサードリンク