早く知りたい!ニーズにお応えするMIRACLEニュース

折り紙の簡単な折り方

折り紙の簡単な折り方
折り紙は、子どもはもちろん、大人も楽しめる趣味として、古くから日本人に親しまれています。だれもが小学校時代に折り紙を習った記憶があるかと思いますが、今では、様々な折り紙の折り方が研究されていて、手裏剣や鶴といった定番の折り方はもちろん、ハロウィンやクリスマスを華やかに装飾する折り紙の折り方が考案され続けています。

折り紙の折り方は、さまざまなパターンがありますが、ここでは、だれもが簡単に楽しむことができる折り紙の折り方について、そのコツとポイントを説明していきます。

子どもと一緒に折り紙を楽しむのもいいですし、折り紙の趣味仲間と一緒に楽しむのもいいでしょう。

折り紙はキャラ弁と同様に、一つの日本が誇る芸術作品として世界でも評価されはじめています。ただの趣味として楽しむのはもちろん、将来的には、プロとして世界中で折り紙の指導を行う人も増えてくることでしょう。

スポンサードリンク



手裏剣・星の折り方

折り紙で、手裏剣を折る際に注意したいのは、先端部分の折り目です。折り紙は、薄い紙を折り込むことで、その強度を上げることができますが、しっかり織り込まなければ、強度を上げることができずに、先端部分は、容易に折れ曲がってしまいます。

手裏剣や星は、いくつもの尖った先端部分を作り込む必要がありますが、この際に、必ず、一つ一つの折り目をしっかりと定着させるようにしてください。

折り紙の折り目を定着させる簡単な方法としては、軽く何度か指で折り目をたたくことです。いきなり強く折り目をたたいてしまいますと、仮に、間違っていたときに、手裏剣や星の形が歪になってしまいます。

また、手裏剣や星の先端部分を折る際には、中心から先端方向へ折り目を付けるようにしてください。

細かい話になりますが、このように折り紙を折ることで、完成時に、無駄なシワがない、綺麗な作品となるのです。

折り紙で、綺麗に手裏剣や星を作成することができると、それを都バスことができます。折り紙の手裏剣を投げたときに、よく飛ぶものは、それだけ、バランスよく整えることができた美しい折り紙の作品だということがでいます。

スポンサードリンク



リボン・ハートの折り方

折り紙でリボンやハートを作ると、子ども(とくに女の子)から大変喜ばれます。そのため、保育士はもちろん、子育て中のママにもぜひともマスターしてもらいたいです。

リボン・ハートの折り方の簡単なコツは、できるだけ左右対照に折り紙を折ることを心がけることです。リボンやハートは、左右対象なデザインであるということが大きな特徴となっていますが、これを、折り紙で表現する際にも、しっかりと再現させる必要があります。

適当に折り紙を折ってしまうと、リボンやハートの形が左右非対称となってしまい、見た目に美しくないばかりか、最悪のケースでは、なにを追っているのか、さっぱり判断がつかない代物になってしまいます。

また、リボンやハートを折る際に、折り紙の色は、基本的には、赤やピンクをにするのがおすすめです。異なる色の折り紙で折るのも悪くはないのですが、赤やピンクにしたほうが、だれが見てもリボンやハードだと理解することができる「かわいい」作品となります。

このケースの応用例は、折り紙で折ったリボンやハートにスワロフスキーなどキラキラ輝く素材でデコレーションすることです。折り紙のリボンやハートの淵にそって、デコレーションすることで、より「かわいく」装飾できます。

上手に作ることができたら、インスタに投稿するのも良いかもしれません。光輝くスワロフスキーでデコレーションすれば、よりインスタ映えするかと思います。

スポンサードリンク



箱・立体の折り方

折り紙で、箱・立体を作るのは、実は少々、難易度が高いです。なぜかといいますと、薄いペラペラの折り紙で、しっかりと箱・立体を表現するためには、正確な折り方が求められるからです。

折り紙の折り方が不正確ですと、ちょっと持ち上げただけで、箱や立体のカタチが崩れてしまいます。

そのため、折り紙で箱・立体を折るのであれば、最初は、大きな紙(新聞紙)などで練習するのがおすすめです。最初から小さな折り紙で練習しようとすると、細部の折り目をつけるのが難しいため、よっぽど器用な人でなければ、上手に折ることができません。

しかし、大きな紙(新聞紙)を利用すれば、あまり細かな作業をしなくても、箱・立体を完成させることができます。

兜(かぶと)の折り方

兜(かぶと)は、昔は戦国武将の防具でしたが、現在は、小さな男の子が立派な男性になることを祈願することを目的として、おじいちゃんやおばあちゃんからプレゼントされることが多いようです。鉄製の兜は、重いので、実際に装着するよりかは、飾っておくことがメインとなりますが、新聞紙で負った兜は、実際にかぶって遊ぶことができます。

ですので、小さい男の子は、新聞紙で折った兜の方を好む傾向が強いです。(笑)この兜を折る際の注意点ですが、最初に折る三角形をできるだけ正確に作るということです。三角形がブレていると、最終的に完成した兜のカタチが綺麗にでません。

また、新聞紙や折り紙で折った兜は、そのままの状態ですと、立体的的でない(ペシャンコ)ため、あまり格好よくありません。本物の兜らしく、立体的にするためには、頭を入れる口部分に息を吹き込みます。すると、空気の圧力で、兜が内側から膨らみ、本物らしく見えるようになります。

最後に、兜の角の部分の確度を微調整すれば、素敵な兜が完成します。

兜が完成したら、ぜひ、お子さんの頭にかぶせてあげてください。チャンバラ遊びの際に、兜をかぶるととっても盛り上がりますよ。(笑)また、親子で兜をかぶって、写真撮影するのも楽しいです。インスタ映えする良い記念写真になるかと思います。

スポンサードリンク




折り紙でクリスマス・ハロウィンを演出する

前述したように、折り紙は、様々な折り方が日々考案されています。クリスマスやハロウィンなど、大人も子供もたのしめるイベント時に、手軽な装飾の1つとして、最近は折り紙が重宝されるようになってきました。

たとえば、クリスマスツリーに、サンタクロースやトナカイの折り紙を飾ると盛り上がります。また、ハロウィンの際に、ホームパーティーを開催する人は、場を盛り上げるために、部屋をハロウィンのトレードマークである「かぼちゃ」の折り紙で飾る人も増えてきています。

このように折り紙は、子どもの遊び道具としてだけでなく、今では、大人の趣味として、クリスマスやハロウィンなどのイベントを盛り上げる装飾品として多くの人から注目を集めるようになりました。
ぜひ、あなたも、折り紙をつかった、オリジナルの作品作りに挑戦してみてくださいね。

スポンサードリンク