早く知りたい!ニーズにお応えするMIRACLEニュース

東西線わかりやすい路線図

東西線の路線図
東京メトロ東西線は、東京の街を東西に走っている地下鉄です。

東京メトロが運営する地下鉄は、ほとんどが各駅停車のみとなっておりますが、東西線のケースでは、各駅電車と快速電車と2つの種別があります。
当然ですが、快速電車のほうがスピードをアップさせるため所要時間を短縮することができます。

京都・大阪・仙台にも同じ東西線という名前の電車が走っていますが、運営会社は、それぞれ別の会社になります。
東京の東西線の運営会社は、東京メトロ(旧営団地下鉄)になります。

ここでは、主に東京メトロ東西線について詳しく説明したいと思いますが、参考情報として、京都・大阪・仙台の東西線の路線図の概要も最後の項目で補足説明しておりますので、
興味がある方は、ご覧になってくださいね。

スポンサードリンク



東京メトロ東西線の路線図(快速の停車駅)

東京メトロ東西線では、前述したとおり、快速電車が走っているため、公式ホームページに掲載されている路線図は、快速の停車駅も分かるように作られています。

快速が止まらない駅は、南砂町駅・西葛西駅・葛西駅・南行徳駅・行徳駅・妙典駅・原木中山駅になります。これらの駅に共通していえることは、南砂町駅を除いて、すべて地上の駅になっているということでしょう。

東京メトロ東西線には、東西の移動(東京・千葉間の移動)を担うという重要な役割があります。他の東京メトロ地下鉄の路線と比較して、非常に移動距離が長いのが大きな特徴です。

そのため、できるだけスピーディーな移動を実現させるために、乗降者数が比較的すくない千葉方面の駅=地上の駅に停車しない快速という種別が作られた背景があります。

余談になりますが、快速電車の場合、南砂町駅と西葛西駅の間に設置されている葛西橋を渡る際のスピードは時速100キロに達します。このスピードは、東京メトロ地下鉄のなかでは最速だといわれています。

ここまでの話で、大体理解していただけたかと思いますが、東京メトロ東西線の路線図を利用する上で最も注意してもらいたいのは、快速の停車駅になります。

例えば、行徳駅で降車しようと考えていた場合、誤って快速に乗車してしまうと、行徳駅では止まらずにそのまま通過してしまいます。快速が停車するのは、3駅先である西船橋駅になるので、その間は、全て時間の無駄となってしまします。

東西線を利用する際には、このことを十分に注意してください。乗り換えアプリなどを利用すれば、各駅と快速を判別した上で、移動時間を計算してくれるので、不安な方は、こちらを利用した方が賢明です。

スポンサードリンク



東京メトロ東西線の快速の所要時間

東京メトロ東西線の快速を利用すると、各駅と比べて、移動の所要時間を短縮することができます。

例えば、中野駅から西船橋駅まで移動することを考えた場合、各駅と快速の所要時間は、下記の通りとなります。

各駅の所要時間 50分
快速の所要時間 43分


このことから、西船橋方面への移動を急いでいる場合、快速電車を利用することによって、所要時間を7分間短縮できることがご理解いただけたかと思います。
西船橋駅から、JR総武線などに乗り換える予定がある場合、この7分間の時間は、非常に大きな差となります。

とくに注意していただきたいのは、終電が絡むケースです。乗り遅れてしまいますと、結果として、終電に間に合わなくなってしまいます。途中下車して自宅までタクシー移動するしかありませんが、そうなると移動コストが非常に高くついてしまいます。

終電間際に東西線を利用する際は、十分に気を付けてくださいね。

スポンサードリンク



東西線の路線図(京都・大阪・仙台)

ここまでは、東京メトロ東西線の路線図について詳しく説明してきましたが、最後に、京都・大阪・仙台の東西線の路線図について、補足で説明したいと思います。

各地域の東西線の運営会社は下記の通りとなっています。

京都の東西線 京都市営地下鉄
大阪の東西線 JR
仙台の東西線 仙台市交通局

このように、それおぞれのエリアにおって、東西線の運営元は変わっています。ですので、これらの東西線の路線図を確認する場合には、各運営元の公式ホームページを参照するようにしてください。

スポンサードリンク