早く知りたい!ニーズにお応えするMIRACLEニュース

近鉄わかりやすい路線図・時刻表

近鉄の路線図・時刻表
近鉄は、近畿地方(大阪・奈良・京都・名古屋)を中心とした幅広い電車路線網を保有している国内最大級の鉄道会社です。その歴史は古く、近畿地方を旅する観光客はもちろん、地元の人達の重要な交通手段として発展してきました。長距離・短距離の移動をカバーする鉄道は、JRを除くと、近鉄のみだといっても過言ではないでしょう。

近鉄は、幅広いエリアに路線網を張り巡らしているため、乗降者数が少ない駅では、その時刻表の発車本数が極端に少なくなります。日中でも1時間あたりの電車停車数は2から3本ほどの駅が数多く存在します。そのため、近鉄を利用する際は、事前に路線図と時刻表をよく理解し、その上で、移動スケジュールをたてる必要があります。

ここでは、わかりやすく近鉄の路線図と時刻表の見方を解説していきます。

スポンサードリンク



近鉄の時刻表の見方

近鉄の時刻表のわかりやすい見方を解説したいと思いますが、まず、みなさんに最初に理解していただきたいことがあります。それは、近鉄には、5つの電車種別があるということです。

■近鉄の電車種別
①観光特急
②特急
③快速急行
④急行
⑤準急
⑥普通


ご覧になっていただければ分かるとおり、近鉄は、それぞれの電車種別によって、停車駅が異なります。そのため、近鉄の各駅に設置されている時刻表を見る際には、発車予定時刻と同時に、この電車種別にも着目する必要があります。
この電車種別ですが、天候や車両トラブルなどが原因で、直前で変更される場合があります。例えば、車両トラブルが影響して、急行電車が普通電車に変更となるケースも少なくありません。

ですので、駅に到着した電車の車両種別を直接確認してから乗車することをお勧めいたします。
近鉄は、ほぼダイヤ通りに運行されていますので、大幅な遅延は、ほぼおきません。しかし、前述したとおり、過疎化している地域の駅は、発着数が非常に少ないため、電車を一本見逃してしまうと、次の電車が来るまで、20分や30分も待たなくてはいけません。

近鉄公式サイトでは、最新の時刻表を公開してますので、近鉄に乗車する前には、一度確認しておくことをお勧めします。

スポンサードリンク



大阪の近鉄の路線図

大阪エリアを走る近鉄は、大阪線・難波線・奈良線・南大阪線・吉野線の5線がメインになります。これらの近鉄線は、大阪難波駅・大阪阿倍野橋駅を中心に、奈良・京都方面へ広がっています。

大阪エリアの路線図を見ると、駅数が多いことに驚かされますが、前述した通り、電車種別によって、停車駅が異なるので電車の乗り間違いには注意してください。
例えば、布施駅では、難波線と大阪線の乗り換えできるのですが、この駅には、快速急行は停車しないのです。ですので、間違って、快速急行に乗車してしまうと布施駅を通過し、次の停車駅である鶴橋駅か生駒駅でUターンしなくてはいけません。

このことはとても重要なのですが、残念ながら、近鉄公式サイトにある路線図を眺めているだけでは、理解することができません。路線図マップの下部にある停車駅ご案内PDFを見ると、電車種別別に停車駅を確認することができますので、路線図を確認する際は、忘れずにこちらもご確認くださいね。

京都の近鉄の路線図

京都の近鉄の路線図は、京都線・橿原線の2線がメインとなります。京都駅から京都線に乗車すれば、乗り換えなしで奈良まで出向くことができるため、多くの観光客から利用されています。京都エリアの路線図を見る上で注意したいポイントは、他社路線と乗り換え可能な京都駅・近鉄丹波橋でしょう。近鉄公式ホームページの路線図では、他社の路線図が簡略化されて記載されているため、その詳細を確認できません。

もし、この2駅で、他社路線への乗り換えを検討しているのであれば、乗り換えアプリの利用をおすすめします。乗り換えアプリであれば、異なる鉄道会社であっても正確な乗り換えルートを計算することが可能です。

スポンサードリンク



名古屋の近鉄の路線図

名古屋の近鉄の路線図は、名古屋線がメインとなります。近鉄名古屋駅から伊勢湾に沿うように伸びている路線は、伊勢中川駅まで乗り換えすることなく一本で移動することができます。

この路線図を見る際の注意点は、伊勢中川駅での大阪線との乗り換えでしょう。この駅から大阪線は、賢島駅方面と大阪上本町方面の電車がでています。大阪線の乗り場を間違えてしまうと、目的地とは真逆の方向に移動してしまうことになりますので、乗り換えの際には十分に注意してくださいね。


奈良の近鉄の路線図

奈良の近鉄線の路線図は、難波線・奈良線・京都線がメインとなります。近鉄奈良駅を中心に、大阪・京都など人気の観光エリアに手軽に移動できることから、土日は、観光客の利用が目立ちます。
また、この路線を走る電車は、東京都内では、見かけることがすくなくなった旧式車両がメインになっているため、そのレトロなデザインに魅力を感じている鉄道ファンも、数多く集まってきます。

このエリアの近鉄線を利用する際に注意したいのは、駅での乗車位置になります。駅のホームは長いのですが、実際に到着する電車のほとんどは、4両編成のため、ホームの端には電車車両がこないのです。そのため、ホームの端で電車を待っていると、乗り遅れてしまう場合があるので、注意してくださいね。

スポンサードリンク